諦める必要なし育毛計画を立て直せばまだまだ髪の毛は生えてくる

髪の毛のケアをする男性

個人差

薄毛の進行や重症度にはそれぞれ個人差があります。何が影響しているのかはその人の生活や体質によって違います。
最も多いのは体質です、薄毛になりやすい体質の家系は確かに存在していますが、それは何がなんでも薄毛になってしまう家系ではなく、何らかの薄毛になる決定的な原因が代々受け継がれているにすぎません。だからこそ、その原因を見つけて対策しておけば薄毛を改善させて育毛することだって十分に可能になってくるわけなのです。
まずはどうして発毛や育毛が阻害されてしまうのかを知る必要があります。

薄毛に悩んでいるのは圧倒的に男性が多くなっていますが、これは男性ホルモンが影響しています。男性ホルモンには髪の毛を抜けさせてしまう力が備わっている為に、年を重ねれば自然に抜けてしまうようになるのです。男性ホルモンが本格的に増加するのは二次成長期あたりですから、速い人であれば中学生や高校生の時点で薄毛の悩みを抱えているような男性もおります。
しかし、大半の人は学生時代に薄毛に悩むようなことはありません。それは男性ホルモンの作用があったとしても、それ以上に体の細胞が若々しく活発なために再生してくれているからです。抜けるスピードも速いですが、修復してくれるスピードも早いですから、結果プラマイゼロ、もしくはマイナスの効果が非常に小さく見え辛くなっています。
しかし、30,35、40と年齢を重ねれば当然体の細胞も衰えてきます。細胞が衰えれば当然髪の毛の回復スピードも遅くなってしまいます。しかし、髪の毛が抜けてしまう作用は年齢を重ねても衰えることはありませこうなると薄毛がどんどん進行して髪の毛は目に見えて減少してしまうようになるわけなのです。

一見薄毛と女性はあまり関係がないようにみえますが、実は女性も同様の理由で薄毛になります。女性の中にも男性ホルモンは少量ながら存在しています。しかし、女性ホルモンの作用のほうが圧倒的に強いために男性ホルモンによる薄毛の影響は一切でてきません。
しかし、45歳あたりになると女性は閉経がはじまります。閉経すればそこで作られている女性ホルモンの量は減少し男性ホルモンの作用が勝ってくるようになるのです。そうすると女性も薄毛の問題に直面することになります。しかし、女性の場合はホルモン治療を行うことで薄毛を改善することができますし、ファッションとしてウイッグを着用することもそう不自然ではありません。ですから男性のような深刻な悩みに陥らないのです。
薄毛問題が女性よりも男性の方が深刻なのはこのような理由があったからなのです。